555 オンディレイタイマーでぐぐると沢山出てきます。

その中で参考にさせていただいたのが、次の二つ。
ワンショットタイマの応用ですね。

http://www.oct-net.ne.jp/~m-fuku/FFfolder/OnDelay/ONDelay.html

http://plaza.rakuten.co.jp/lovesun/diary/201403050000/

OUT(DCH)の電流値について、バイポーラの555の場合は200mAC-MOSの場合は100mAが最大定格なので、リレーの電流にあわせて選べばよい。(リレーのデータシートのコイル欄には必ず書いてある)
目安としては定格の1/2くらいのリレーなら大丈夫。
ee1509ac.jpg
WS200108


大きく分けて二つの流儀があるようで、555のOutputを使うかDischargeを使うというもの。
前者はトーテムポール出力、後者はオープンコレクタなので、実はどっちでもいい。
171ab5a7.jpg


タイマーの係数はCRの積なので、精度はそれなり。
大雑把な時間計測ならこれでも問題ないだろう。
もっと大雑把な計測でよいなら、C2は不要。
D1は放電用なので、ON/OFF頻度が低ければ不要。

5Vで動作確認の様子。
電圧印加時にチャタリングが発生する。


チャタリングがまずい場合や、より正確な時間設定が必要なら、マイコンを使用したほうが確実なので、次回は 大量に余ってる PIC12F683で検討してみよう。

↓アマゾンではこんなものも売られてます。
電源が安定していないと(特に交流成分が混ざってたりすると)使い物にならない回路ですが。
どうやらマイコン内蔵で、そこそこ正確らしいです。ごめんなさい。


↓実験に使用したリレーモジュールは販売終了で、アマゾン的には今はこちらがオススメだそうです。
※関連記事